シンガポールの英語「シングリッシュ・Singlish」 (Part 1)

最近はシンガポールへ出張しました。皆様はシンガポールへいっらしゃったことがありますか。日本人にとって、シンガポールの旅行は、気軽に行くことが出来て、ご飯もおいしいので人気の観光地ですよね。でも、お店、ホテルや観光地に行く時、シンガポール人の英語ってなんか独特で、分かりづらいと思いませんか。

シンガポールは多民族国家ですから、通常話されるシンガポールの英語は、マレー語や中国語がミックスされて出来上がった、訛りや独特の言い回しがあり、通称「シングリッシュ」と呼ばれています。

今回は、シンガポールへ旅行する時に知っておきたい「シングリッシュ」の基礎知識を一つご紹介したいと思います。シングリッシュの特徴を知っていれば、非常に解りやすいと思います。単純で砕けた言語なので、コミュニケーションは取りやすくなると思います。

シングリッシュ用語1 「CAN」

シングリッシュでよく使われる言葉として有名なのが「CAN」。とにかくいろいろな場面でこの「CAN」が使われます。主語も動詞も無く「CAN」だけで疑問文になったり、その答えになったりもします。

例えば道を聞く時です。観光客とシンガポールとのやりとりで、

観光客 「Is it possible to go this way? この道を行くことができますか?」
シンガポール人「 Certainly. いいですよ。」
観光客 「Are you sure? 本当ですか?」
シンガポール人「 Yes, don’t worry. 心配しないでください。大丈夫です。」

……という会話がシングリッシュになる時:

客 「Go this way , CAN or not? 」
シンガポール人「CAN! 」
客 「Sure CAN? 」
シンガポール人「Dont worry lah, sure CAN one! 」

となります。疑問文の時は語尾を上げる、強調する時は繰り返す、などといった変化をつければ「CAN」だけで会話が成立してしまうのです。凄く便利でしょう。

とりあえずこの写真は、今回出張する時、泊まるホテルから撮った写真です。シンガポールの特徴的なスカイラインです。

本日も読んで頂きありがとうございました~