研究について

研究について

文のテーマは中国共産党です、共産党員が草の根から政権安定に貢献していることについて研究しました。共産党員が多い「赤い区」と共産党員が少ない「淡紅 区」を比べました。共産党員が多い「赤い区」では政策が強く推進されていることを示した。また、地域的に共産党員の偏在が目立つ。理由は、第二次日中戦争 の時間に日本軍に占領された場所で、党員獲得が早かったからです。そのパターンは今も続いている。

論文は政党研究にある民主バイアス(democratic bias)を排して、一党支配制度における政党の草の根の役割を明らかにする ことです。政治学的には、重要な地域差がある情報み着目し動向 subnational turn)と歴史的な動向(historical turn)を進む。論文以外に、伝統的な地方制度について統計分析を行い、中国皇帝が一番腕のいい官僚を、どのような県に送ったかが分かった。計二年間中 国の山東省と湖北省、台湾と日本で野外調査しました。