February 2017

北京の読み方

先週、仕事のために北京に出張しました。日本人は北京を「Peking(ペキン)」と呼んでいますね。初めて聞いた時、気になりました。北京は、中国語では 「Beijing(ベイジン)」 と読んで、英語でも「Beijing」で書いているけど、日本人は「ペキン」と言っているのは、もちろん日本の特徴でしょう。昔から変わらず、今でも北京をペキンと呼んでいるし、メディアでもそう使われていますね。日本人はどうして「中国」のことを「Zhongguo (ツォングオ)」や「China (チャイナ)」と呼ばず、「チュウゴク」と呼ぶのに、「北京」のことを「ホッキョウ」や「ベイジン」と呼ばず、「ペキン」と呼ぶのでしょうか。

私自身は6歳から18歳まで12年間中国で育ったので

Read more about 北京の読み方

日本式のバレンタインデー

valentines_day_japan

今週の火曜日は2月14日だから、バレンタインデーでした。2月14日に贈り物をするの習慣は元々欧米のものだので、日本式のバレンタインはそれが由来でしょう。私にとって、初めての日本のバレンタインデーだったので、色々な「日本式バレンタインデー」の特徴は勉強になりました。

例えば、欧米でも、恋人やお世話になった人に『チョコレート』を贈ることは同じようにおりますが、決して贈り物にチョコレートが重視されているわけではなく、またバレンタインデーに限ったことでもありません。そして、

Read more about 日本式のバレンタインデー

挨拶:レイチェルと申します =」

rachel_leng_japan_birthday.jpg

皆さん、はじめまして~ リン・レイチェル(英語:RACHEL LENG;中国語:凌惠颖)と申します。私はシンガポールで生まれて、6歳から中国の上海で育って、大学はアメリカのDUKEとHARVARDで勉強しました。専門は経済学と東アジア研究でした。 

日本に来る前に、韓国のソウルでヒュンダイ(現代、현대)のシンクタンクで働いていました。そこでは、

Read more about 挨拶:レイチェルと申します =」