北京の読み方

先週、仕事のために北京に出張しました。日本人は北京を「Peking(ペキン)」と呼んでいますね。初めて聞いた時、気になりました。北京は、中国語では 「Beijing(ベイジン)」 と読んで、英語でも「Beijing」で書いているけど、日本人は「ペキン」と言っているのは、もちろん日本の特徴でしょう。昔から変わらず、今でも北京をペキンと呼んでいるし、メディアでもそう使われていますね。日本人はどうして「中国」のことを「Zhongguo (ツォングオ)」や「China (チャイナ)」と呼ばず、「チュウゴク」と呼ぶのに、「北京」のことを「ホッキョウ」や「ベイジン」と呼ばず、「ペキン」と呼ぶのでしょうか。

私自身は6歳から18歳まで12年間中国で育ったので、その時、何回も北京に行ったことがありました。ある日本人から「中国の首都はいつペキンからベイジンに変わったんだ?」と言われて「ああ、そうか、ベイジンと言う呼び方は日本人にはなじみがないんだ」と改めて思いました。

Beijingは毛沢東政権ができ、1950年代以降の中国標準語(または、「普通話」)の普及とともに、Beijingが使われるようになっていきました。英語による海外サイトをみると、西欧人は、毛沢東がペキンをベイジンに変えたと言っています。中国の首都・「北京」の、中国の普通話によるピンイン(中国語:拼音;アルファベットによる発音記号のようなもの)表記を、そのまま英語にしましただけかもしれません。もともとは「Peking」でしたが、標準的な中国語に合わせた結果、「Beijing」になったのです。 当時首都にもかかわらず、貧しく、汚れ、評判の悪かったペキンを改革(文革)で革命しようとしました。そこで名前を変えてしまいました。

Rachel Leng Beijing

皆さんがいつ頃Beijingと言う呼び方を認識したか教えて頂けませんか?

^ 北京のホテルから撮った写真で~す。天気は良くて、青い空も見えるのは珍しいですね。感じ悪くなかったです!