Jim Rogers' Investment Advice || ジム・ロジャーズの投資アドバイス


Lessons and Advice from the Legendary Investor Jim Rogers

 

Jim Rogers' Investment Advice

ジム・ロジャーズの投資アドバイス

 

The coronavirus crisis has hit the global economy like a storm never seen before, hurting millions of people financially.
During a time when money is alarmingly scarce for many people, those who have some extra cash (or are even actually saving money by being forced to stay home and spending less than during normal times!) ought to be extremely grateful.

People are increasingly turning to the prime opportunity to grow their wealth by investing spare cash when the markets are down.

However, how do you make the most of it?
 

コロナウイルスによる危機は、
これまでにない嵐のように世界経済を襲い、
何百万人もの人々に経済的損害を与えています。
多くの人にとって経済的な危機に、余裕資金を持っている人
(または、家にいることを余儀なくされ、
通常より少ない費用で生活ができ、
実際にお金を節約できている人!)は、
非常に自分の境遇に感謝すべきです。
人々は、市場がダウンしているときにこそ余裕資金を投資することにより
彼らの富を成長させる最も重要な機会にますます目を向けています。


しかし、どうやってそれをこの時期に最大限に活用しますか?
 


What would Jim Rogers do?

I first met Jim Rogers during one of his trips to Tokyo where he shared his future economic forecast and gave me career advice as a young professional.

Curious about his outlook on the impact of the coronavirus and how to be a successful investor in such an unpredictable environment, I recently caught up with him over Skype!

ジム・ロジャーズだったらどのようにしますか?

私はジム・ロジャーズが東京に旅行中に、初めて会い、
その折に将来の経済予測を教えてくださり、
そしてまた私は彼にキャリアのアドバイスを伺いました。


コロナウイルスの影響についての彼の見通しと、
そのような予測不可能な環境で成功する投資家になる方法に興味があるので、
私は最近、Skypeで再びジムと話しました!

***

Read on to understand why he warns against investing in Japan for the long term, his outlook on the coronavirus, as well as advice to the next generation for success despite a grim future forecast for the world economy!

彼が日本への長期投資に警告する理由と、
コロナウイルスに関する彼の見解や世界経済の厳しい将来予測にもかかわらず、
成功のための次世代への彼のアドバイスを理解するために続けて読んでください!

Article Contents
記事の内容

1. Asia is the Future, but Do Not Invest in Japan

経済の未来はアジアにありますが、
日本には投資しないでください

2. Invest in Korea: "The Most Exciting Area in Asia" 

韓国への投資:「アジアで最もエキサイティングなエリア」

3. Outlook on the CoronavirusBe Worried!

コロナウイルスの展望:注意してください!

4. How to Be a Successful Investor

成功する投資家になる方法

5. Advice to the Next Generation: How to Achieve Success Amid Uncertainty

次世代へのアドバイス:不確実性の中で成功する方

6. Final Thoughts: My Key Takeaways

最後に:私の主な学び

 *~*~*~*

(1)
Asia is the Future, but Do Not Invest in Japan

経済の未来はアジアにありますが、
日本には投資しないでください


 

Last year, Jim Roger wrote 3 best-selling books all warning against problems in Japan, including The Future of Japan and The World That Will Be Read Through the Flow of Money (January 2019).

昨年、ジム・ロジャーズは、日本の問題に対して警告するベストセラーの本を3冊執筆しました。
これには、「
日本への警告 米中朝鮮半島の激変から人とお金の動きを見抜く」(20191月)と「ジム・ロジャーズ 大予測: 激変する世界の見方」(2020年5月)が含まれます。

The international financial commentator has observed that “200 years ago, people moved to London; 100 years ago, they moved to New York; this century, the move is to Asia.” Although Jim has a strong positive outlook on the future of Asia as a region, he emphatically cautions that “Japan’s arithmetic does not work… [the country] is better now than it was before, but simple arithmetic does not add up… and someone needs to find a way to save Japan.”

国際的な金融コメンテーターのジム・ロジャースは、
200年前、人々はロンドンに移住しました。 100年前、彼らはニューヨークにまた移住しました。
今世紀、動きはアジアに向けられています。」
ジムは地域としてのアジアの将来について強い肯定的な見通しを持っていますが、
彼は「日本の算術はうまくいかない
…[日本]は以前よりも優れていますが、
単純な算術では成り立たない
日本を救う方法を見つけるために誰かを必要とすることを強調します。」

 

According to Jim, with Japan’s population in decline, and debt levels continuing to increase, “unless somebody pays off the debt or has babies or has immigrants very quickly,” Japan will not be an attractive investment target. With high debt worldwide, Jim also warned that the next economic downturn and bear market will be “horrendous.”

ジムの「読み」は、日本の人口が減少し、
債務水準が増加し続けているため、
「誰かが借金を返済したり、出生率を増やしたり、移民をすぐに受け入れたりしない限り」、
日本は魅力的な投資対象にならないでしょう。
ジムは各国は世界的に高い負債を抱えており、
次の景気後退とベア市場(相場が弱気な市場)は「恐ろしい」ものになると警告しました。


Although he is a self-proclaimed fan of Japan as a travel destination with some of the best restaurants, service, attention to detail, and cultural history, he is adamant that Korea is Japan’s main competitor, and that “Japan cannot compete with an open Korea.” He indicates that tourism, agriculture, and the education sector are the most promising industries to consider for investments, and proposed spending cuts, lower tariffs, more births, and more acceptance of immigration to “save” Japan.

ジムは個人的に言えば、最高のレストラン、サービス、細部へのこだわり、
そして文化的歴史を誇る旅行先としての自称日本のファンですが、
韓国は日本の主な競争相手であり、「日本はオープンな韓国と競争することはできません。」
彼は、観光、農業、教育セクターが投資を検討するのに最も有望な産業であり、
提案された支出削減、関税引き下げ、より高い出生率、
そして日本を「救う」ための移民の受け入れを提案しました。

As of April 1, 2019, the Japanese government introduced amendments to the Immigration Act allowing for more foreigners to work in Japan.
(
Click HERE to read my blog article on a seminar I gave on “Working with Foreigners in Japan” in response to this policy change).
However, whether these amendments will be effective to support Japan’s dwindling workforce remains to be seen.

201941日の時点で、
日本政府はより多くの外国人が日本で働くことを可能にする移民法の改正を導入しました。
このポリシーの変更に対応して私が「日本で外国人と働くこと」について行ったセミナーに関しするブログ記事は、ここをクリックしてご覧ください
しかし、これらの改正が日本の減少する労働力をサポートするのに効果的であるかどうかはまだ不明です。


Keynote Speech on "Working with Foreigners in Japan" 
「日本で外国人と働くこと」について行ったKeynoteセミナー


*~*~*~*

(2)

Invest in Korea:
"The Most Exciting Area in Asia" 

韓国への投資:
「アジアで最もエキサイティングなエリア」

Jim believes that in the near future, Korea will be the “most exciting area” among Asian countries, but the main obstacle to this is that the US army does not want to leave. He nonetheless predicts that South and North Korea will open and emphasizes the Korean Peninsula as a “hot target for investment.” Unification would save money earmarked for defense (national defense budget) and save lives in both countries. While there might be resistance, he said combining natural resources and labor from North Korea with capital and ability from the South would improve upon the status quo.
(
Read about my experience visiting the DMZ border in Korea!)

ジムは近い将来、韓国がアジア諸国の中で「最も幸せな国」になると信じていますが、
これに対する主な障害は、米軍が韓国を離れたくないということです。
にもかかわらず、彼は南北朝鮮が統一されると予測し、
朝鮮半島を「投資のホットターゲット」として強調しています。
統一は、韓国の防衛のために割り当てられた予算を有効にし、両国の人命さえも救うでしょう。
抵抗があるかもしれませんが、彼は北朝鮮からの天然資源と労働力を、
韓国からの資本と能力を組み合わせると現状を改善できるでしょうと話しました。

因みに、韓国のDMZ国境を訪問した私の経験について読んでください!


Photo with North Korean Soldier in Korea's Demilitarized Zone (DMZ)
韓国と北朝鮮の軍事境界線(DMZ)で北朝鮮の軍人さんと一緒に撮った写真。 

 

When asked about the basis for his assumptions about Korea, Jim points out, “South Korea is one of the 10 largest economies in the world now. [It] is not a poor country. [People] should do their homework. This is not 1959. It is now [the 21st century]. [Korea] is ready to be independent financially.” If it were up to him to spur the opening process, Jim also says he “would go to the 38th parallel and meet Mr. Moon and take down the border guards and have a K-pop concert. And I will open the border and let people come and go and open the economy.” The key to Korea’s success will be the deregulation of the economy, as current regulations in Korea are so strict that it is hard to invest.

ジムは、韓国に関する彼の予測の根拠について尋ねられたとき、次のように述べています。
「韓国は現在、世界の
10大経済の1つです。 貧しい国ではありません。
私達はこの考えについて自分達でもっと勉強しなければなりません。 1959年ではありません。
21世紀です。 [韓国]は経済的に自立する準備ができています。」
統一プロセスに拍車をかけるのがジム次第だった場合は、
38度線に行って、ムン大統領に会い、国境警備隊を配置し、Kポップコンサートを開催します。
そして私は国境を開放し、人々を自由に行き来させて経済を発展させます。」と言いました。
現在の韓国の規制は非常に厳しく、投資が難しいため、
韓国を成功させる「鍵」は「経済の規制緩和」になります。


Photo with Jim Rogers and Hana Yang, South Korean Journalist


*~*~*~*

(3)
Outlook on the Coronavirus:
Be Worried!


コロナウイルスの展望:
注意してください!

Speaking from his home in Singapore, Jim believes that the country is making a mistake by closing down. If it were up to him, he would not have closed down. He makes the point that “there have been many epidemics in history, but never before has the world closed down… the cure can be worse than the disease.” For COVID-19, the “current cure has been horrible, ruining many lives, but we will only know in a few years.”

Jim warns me that we should all be very worried about the future. He has commented on numerous occasions that world debt has skyrocketed since 2008, and the next global economic crisis would be the worse in his lifetime. The time has come. We now find ourselves in a situation where debt is becoming worse, exacerbating economic woes. However, he warns that it is “not over yet – at the moment, markets are rallying. Nearly every economy in the world has printed a huge amount of money, and are borrowing or spending it.” As money goes into markets, the markets will go up.


ジムはシンガポールの自宅で、次のように話してくれました。
国は閉鎖することによって間違いを犯していると考えています。
それがもし彼本人だったら、彼は閉鎖しなかっただろう。
「歴史の中で多くの伝染病がありましたが、これまでに国々が閉鎖されたことは一度もありません
... 
治療は病気以上に困難な場合があります。」

COVID-19については、「現在の治療法はとても難しく、多くの命を損なうことになっていますが、
私たちは完全な治療法を数年後でしか知ることができません。」

ジムは私たち全員が将来について非常に心配するべきだと警告しています。
2008年以降、世界の債務が急増し、
次の世界経済危機は彼の生涯の中でより深刻になると何度も言いしました。
今、その時が来ました。負債が超過し、経済問題を悪化させている状況にいます。
しかし、彼は「それはまだ終わっていない」と警告しています。
「現在、市場は回復しています。 世界のほとんどの国が大量のお金を印刷し、
それを借り入れしたり、支出したりしています。」
お金が市場に入ると、相場は上がります。

jim_rogers_rachel_leng_skype_1.jpg
Speaking with Jim Rogers via Skype
Skypeでジム・ロジャーズと話しました~

Despite the fact that he has published several books (and has 2 more books upcoming) discussing problems in Japan, Jim himself has bought into Japanese shares. Jim observes that “the Bank of Japan has been... printing and spending money as fast as they can (on bonds, stocks, etc.).” Under these circumstances, he believes that “stocks can still go up for a while, with a lot of money flooding the world.” At this time, he affirms that he is looking at companies operating in distressed industries such as tourism, transportation, and agriculture.

日本での問題を論じた本を何冊か出版している(そして、今後も2冊の本を出版する予定)にも係わらず、
ジム自身は日本の株を買いました。
ジムはまた、「日本銀行は...できるだけ早くお金を印刷し、(債券や株などに)費やすようになった」と述べています。
これらの状況下で、彼は「株式はまだしばらくの間上昇する可能性があり、
大量のお金が世界にあふれている」と信じています。
現在、彼は観光、交通、農業などの将来に問題を抱えた産業を運営している企業を観ています。



Yet, the US “only cares about the election in November” and is making the same mistake as the UK in the 1920s, where it was once the richest and most powerful county, but spent and borrowed too much. By scattering assets everywhere, the UK has since lost its position as the top world economy.

For those who are unsure about investing in stocks, Jim advises that saving money in the bank is still a good strategy with one caveat – you need to know the right currency to put your money in! Personally, Jim holds on to USD, but mentions that the Japanese Yen “might be okay.”


依然として、米国は「11月の選挙のみに関心がある」ため、
1920年代の英国と同じ過ちを犯しています。
英国はかつて最も裕福で強力な国でしたが、
お金を使いすぎて負債を抱えてしまいました。
資産をあちこちにまき散らすことにより、
英国は経済のトップとしての地位を失ってしまいました。


ジムは、銀行へお金を預金することは、
株式への投資について不安な人にとっては、
依然として良い戦略であるとアドバイスしています。
でも、注意しなければいけないことが
1つあります!
あなたのお金を預けるのに適切な通貨を知ることは非常に重要です!
個人的には、ジムは米ドルを保持していますが、
日本円は「おそらく大丈夫です」と述べています。


*~*~*~*

(4)
How to Be a Successful Investor

成功する投資家になる方

To be a successful investor, Jim instructs me not to listen to anyone but myself. Ultimately, people who are successful and happy in life must follow their passions and trust in themselves.

投資家として成功するために、他人の言うことを聞かないように言っています。
結局のところ、人生で成功し、幸せである人々は、
彼らの情熱と自分自身への信頼を守らなければなりません。

In his own words, “don’t listen to some guy on the TV or internet... everyone wants a hot tip! Everyone wants to get rich this month! Hot tip will ruin you... Invest only in what you and yourself know a lot about.”

彼自身の持論は、「テレビやインターネットで誰かの言うことを聞いてはいけません...
誰もが飛び切りの情報を望んでいます! 皆はすぐに金持ちになりたい!
ですが、飛び切りの情報はあなたを破滅させます
... 
あなたと自分自身がよく分かっていることのみに投資してください。」

Jim stresses that being a successful investor is, in fact, BORING! You are not going to get rich fast.
The fundamental strategy is to follow your passion and dive deeply into the things that you like and get a good understanding of them.
Then, when you see changes happening in your niche that you know will be good, simply do some research and invest.
Jim’s advice: “If everyone treated it like they only had 20 investments to make in a lifetime, then everybody would be more careful and successful!”

ジムは、投資家として成功することは、実のところは詰まらないことであると強調しています!
あなたはすぐに金持ちになりたいわけではありません。
基本的な戦略は、あなたの情熱に従い、好きなものに熱中し、
それらをよく理解することです。
次に、自分の得意なことで起きている変化が良い物と分かったときに、
調査を行って投資します。
ジムのアドバイス:
「誰もが一生のうちに
20件だけの投資をするならば、
誰もが今以上に注意深くなり、そして成功するでしょう。」

Although Jim says that AI and Blockchain will be some of the most exciting things in the 21st century, if people are not interested in it then it will not do any good for them.
If we look back in history, everything people thought at a certain time, was wrong 15 years later. Whatever we think now, is probably going to be wrong in 2035!


ジムは、AIとブロックチェーンは21世紀で最もエキサイティングなものになると言っていますが、
人々がそれに興味を持っていなければ、彼らにとって何の役にも立ちません。
歴史を振り返ると、ある時点で人々が考えたことはすべて、
15年後に間違いとされました。
私たちが今考えていることは何であれ、おそらく
2035年には間違いと見なされるでしょう

For those who feel that they do not know much about anything or have not found their passion, Jim advises to put money in a bank (being mindful of choosing the right currency!), then travel if you can or even “just look out the window until you see and find something, then do your research.”

何も分からない、またはまだパッションを見つけていないと感じている方は、
銀行に預金して(ただし、正しい通貨を選択することに気を付けてください!)、
できる限り世界を旅するか、
「何かが見つかるまで今の状況では窓から外を眺めて、色々なことを調べてみましょう。


Having driven around the world twice, Jim spent 5 years seeking adventure, different lives, and chasing a desire to see the world from the ground up. During his travels, every turn brought him something new – sometimes it was a great surprise, other times he found his own life in danger. Nonetheless, the exposure to many different people and backgrounds and seeing as much of the world as possible is the best way to inspire new ideas and discover interests, which will then lead to successful investments in life.
 

ジムは2度世界中をドライブした後、冒険や、様々な生活を求め、
世界を一から見たいという夢を追いかけて
5年間過ごしました。
彼の旅行中、旅は世界の隅々で何か新しい発見をもたらしました。
ある時には大きなサプライズでしたが、またある時は彼は危険にさらされてしまいました。
それにもかかわらず、多くの人々や異なる文化に触れ、
できるだけ多くの世界を見ることは、新しいアイデアを引き出し、
新たな興味を発見する最良の方法であり、それが人生への投資の成功につながるでしょう。

*~*~*~*


(5)

Advice to the Next Generation:
How to Achieve Success Amid Uncertainty

次世代へのアドバイス:
不確実性の中で成功する方

Famous as an “Investment Biker” for his twenty-two-month, fifty-two-country motorcycle odyssey, Jim does not hesitate to stress the importance of everyone, especially youth, to stay curious and see the world. Jim shared a story where even when he was riding through poor villages in rural areas, whenever he asked a mother if he could take a photo of her child, the mother would always want to have her child look the best possible. Such behaviors highlight how people are not that different from one another despite widely different socioeconomic circumstances, and that there needs to be more interconnection and mutual understanding globally.


ジムは、22か月間、52か国をオートバイで旅をして書いた
「Investment Biker (冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行)」が有名で、
特に若い内に好奇心を持ち、世界を見聞することが、
すべての人に重要だと強く説いています。

ジムは、田舎の貧しい村をバイクで通過する時、
母親に子供の写真を撮らせてもらえないかと尋ねた時、
母親は常にできるだけ最高の子供の姿を写真で見せたいと思っていたという話をしてくれました。
このような母の思いは、
社会的経済状況が国によって大きく異なるにもかかわらず、
人々は皆お互いにそれほど違っていないこと、
及びグローバルに「互いに繋がり、より理解し合うこと」が必要であると力説しています。

I asked him on what young professionals and students can do in these uncertain times to develop their careers.
His advice: “Don’t do what people say you should do, and don’t listen if they say you are crazy. Do what you believe in... Once you are successful, everybody will come back claiming credit even if they didn’t believe you back when you started.”

若い専門家や学生がこの不確実な時代に彼らのキャリアを発展させるために何ができるかを彼に尋ねた時、
彼のアドバイスは:「あなたがやるべきだと言われていることをしないでください。
そして、あなたがクレイジーだと言われたら、それを真に受けてはいけません。

あなたが信じていることをしてください... あなたが成功すると、
彼らは最初にあなたを信じていなかったとしても、後であなたのところに戻ってきますよ。」


For example, imagine this: If you really enjoyed gardening as a kid, and everyone told you not to pursue gardening because it would not bring you great success, but you did it anyway. Later on, if you started a company providing gardening services, and this company grows and maybe even has an IPO on the stock market, you will find that many people suddenly start appearing. Parents will come back saying that they were the ones who first gave you the seeds to start gardening, teachers will say that they always knew you were different and would be successful (even if they didn’t!), and old friends will suddenly approach you saying that they need jobs. As Jim says, the morale of the story is that “if anyone laughs at your idea, view it as a sign of potential success!” After all, he credits his own success to the idea that he has always made money by straying away from the herd. Only by wandering away from the action can you find the way to the new action.

例を上げてみましょう。次のように想像してみてください。
あなたは子供の頃からガーデニングが好きで、楽しんでいても、将来大きな成功に繋がらないので、
皆からガーデニングの仕事をしないように言われました。
でも、とにかくそのようにしました。後で、ガーデニングサービスを提供する会社を立ち上げ、
この会社が成長し、株式市場で
IPO(上場)が行われるようになると、
突然多くの人々があなたの前に現れ始めるはずです。
両親は、園芸を始めるためのきっかけの種を与えたと言って戻ってきます。
教師や先生は、あなたがいつも他の人と違っていて成功するだろうと常に思っていたと言うでしょう。
(たとえそうでなかったとしても!

古い友達は突然あなたに近づいてきて、「私は仕事が必要だ」とあなたに言います。
ジムが言うように、物語の要点は
「誰かがあなたのアイデアを笑ったら、それを潜在的な成功のしるしと見なすことです!」
最終的には、彼は自分が一般の群れから離れて常に自分自身で
お金を稼いでいるという考えに自分の成功を信じています。
いつもの行動から離れて、一歩踏み出すだけで新しい未来への道を見つけることができます。

 

As a proud father of two daughters aged 16 and 12, Jim tells me that his daughters have been the best learning experience for him.
He stresses that the ability for youth to think independently and stay curious is imperative, and tries in every way to encourage their interests and ideas. Additionally, Jim strongly believes that for his daughters’ generation, Asia and mandarin will be extremely important.

16歳と12歳の娘たちの誇り高い父親として、
彼にとって娘たちが彼の最高の学びの経験であったと私に話します。
彼は、若者が独立して考え、好奇心を持ち続ける能力が不可欠であることを強調し、
あらゆる方法で娘たちの興味やアイデアを試すことを奨励します。
さらに、ジムは娘の世代にとって、アジアと中国語(マンダリン)が非常に重要になると強く信じています。

Ultimately, financial education is very important – it can make and destroys lives. Jim gave piggy banks to his daughters at a very young age to not only teach them the importance of saving, but also the fact that there are many different currencies in the world! I believe this approach is a fantastic way for parents to help their children grow up globally-minded.

結局のところ、金融教育は非常に重要です。
それは生命を作りますが、破壊する可能性もあります。
ジムは貯金の重要性を教えるだけでなく、世界中に様々な通貨があるという事実を教えるために、
幼い頃に貯金箱を娘に与えました。
このアプローチは、
親が子供たちに世界的な視野で成長するのを助けるための素晴らしい方法だと思います。

A Gift to My Children: Jim Rogers’ heartfelt guide to his daughters on how to live a prosperous, well-lived life!


*~*~*~*

(6)

Final Thoughts
最後に…


In these times of covid-19, perhaps the most important lesson to keep in mind is that there is a crucial need to recognize change and react accordingly.
Those who are still thinking that the world will “return back to normal” and the way it was before are the ones who will be swept aside by inevitable change.

コロナウイルスの時代において、おそらく心に留めておくべき最も重要な教訓は、
変化を認識し、それ相応に応じることがとても重要であるということです。

世界が「今まで通りの日常に戻る」とまだ考えている人々には、
避けられない変化に追いやられるでしょう

 

My Key Takeaways from Jim Rogers’ Advice

  • Learn to listen to your intuition and trust your own judgment about your own true potential, even when other people are highly skeptical. 
  • Focus on your passions, but also work on broadening your passions by constantly experiencing and learning new things outside of your comfort zone.
  • Hard work and persistence DOES payoff: Jim never stopped studying and wound up at Yale and then a scholarship to Oxford from rural Alabama!More important than this, however, is the willingness and ability to thrive amid change.
  • You are never too young to start seeing as much of the world as possible, as this will contribute richly to your ability to approach opportunities with a global perspective.


ジム・ロジャースのアドバイスからの私の主に学んだこと

  • 他の人が非常に懐疑的であっても、自分の直感に耳を傾け、自分の真の可能性について自分の判断を信頼することを学びましょう。
  • 自分の情熱に焦点を当てるだけでなく、常に快適なゾーンの外で新しいものを体験して学習することにより、情熱を広げることにも取り組みます。
  • しかし、これよりも重要なのは、変化の中で成長するための能力と意欲です。懸命な努力と粘り強さが成果を生むはず:ジムは勉強をやめることなく、アラバマ州の田舎からエール大学を卒業し、そして、オックスフォード大学で奨学金をもらいました!
  • あなたは、できるだけ多くの世界を見るのに若すぎることはありません。これは、グローバルな視点で色々な機会にアプローチするのに能力に大きく貢献します。

 

 

What are your thoughts on making investments in the current coronavirus economy?
What would you ask Jim Rogers?

Thank you for reading. I would love to hear from you.
Please do send me an email or subscribe
for emails from me right to your inbox!

現在のコロナウイルス経済への投資についてどう思いますか?
ジム・ロジャーズに何を尋ねたいですか?

本日も読んでいただきありがとうございます。
私からのメールを是非購読してくださいね~ 
皆さんの声を聞かせてください!

Subscribe

* indicates required

 

Other Inspirational Quotes from Jim Rogers

***
“Never act upon wishful thinking. Act without checking the facts, and chances are that you will be swept away along with the mob.”
***
"“Not one country in existence today has had the same borders and government for as long as two hundred years. The world will continue changing.”
***
“Beware of all politicians everywhere. They excelled at recess when they were in school but have excelled at little since.”
***
“The Roman censor Appius Claudius the Blind said, “Every man is the architect of his own fortune.”
***