Komatsu Summer School

Rachel was one of 10 students selected to be a seminar leader in the inaugural 2014 Komatsu Summer School organized by Princeton University, Harvard University, and Cambridge University. She researched and proposed a seminar syllabus to teach a course on women as change-makers in Chinese literature, touching upon issues of gender roles, history, and representations of female characters in popular narratives to Japanese high school students.  

小松サマースクールは米プリンストン大学、ハーバード大学、英ケンブリッジ大学をはじめとした世界中の大学生と日本中の大学生が共に築く、5泊6日の高校生向けサマースクールです。多様なバックグラウンドを持つ大学生や社会人と寝食を共にし、共に学び議論を交わすことで、石川県内や全国から集まる高校生が「未来を切り拓く力を身に付けていく」ことを目的としています。   3年目を迎える今年も、全国から高校生60名を募集します。参加する高校生は、日本語を1年以上習っている米大学生と、高校生を支える日本人大学生と共に、同じ宿に泊まり、総合的な学びに挑戦します。午前中は、米大学生が自身の得意分野について英語で率いる、大学の授業を模した少人数制議論が行われます(米大学生1人に対して、高校生4-5人)。大学での資料を用いた事前課題が課され、議論はバイリンガルの日本人大学生が支える中、英語で行われます。その他、高校生は各分野で活躍する方々による講座と対話、小松市の伝統産業に取り組む文化活動、そして泊まり込みの場を活かした、講演者や社会人などとの自由交流を参加します。 英語と日本語、世界と地域などの様々な世界をまたぐ交流と学びが得られる小松サマースクール。高校生が、新たな仲間や先輩からの学びを通して、「これまで自分が歩んできた道」と「将来歩んでいきたい道」を繋げるきっかけとなる5泊6日を目指します。

名前/Name : Rachel Leng
大学名/University : Harvard University
専攻/Major : East Asian Studies (China and Japan)
出身地/Hometown : Singapore
セミナートピック/Seminar Topic : Chinese Literature in Translation: Encounters between Tradition and Modernity

[Syllabus PDF]

~~~~~

rachel leng komatsu summer school

Rachel Leng KSS Seminar Leader